Top >  保湿ケア >  蒸しタオルを使う

スポンサードリンク

蒸しタオルを使う

洗顔で落としきれない汚れは、蒸しタオルを使ったパックで落としきりましょう。蒸しタオルを顔にのせ、タオルが冷めたら毛穴の汚れと一緒にふき取ります。 その後に、洗顔するのを忘れずに。 蒸しタオルで顔を温めることで、汚れが取れるだけでなく、顔の緊張も緩み、血行もなります。 洗顔料を弱酸性のものに変更して、脱脂力を弱めてあげましょう。 弱酸性の洗顔料でも肌のかさつきがひどい場合は、洗顔する前に美容液を塗るという方法もあります。 その後で洗顔すれば、皮脂が落ちる前に美容液が流れ出てくれるため、うるおいは肌に残った汚れだけが落ちてくれます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 目元、口元の保湿  |  トップページ  |  次の記事 洗顔はぬるま湯  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://you1.80code.com/mt/mt-tb.cgi/152

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • 肌荒れの原因
  • 洗顔と保湿は完ぺき!と思っていても、普段使っている枕や布団...

  • 洗顔はぬるま湯
  • 温度が40度くらいのお湯で洗顔しているそうです。 お湯で洗顔...

  • 蒸しタオルを使う
  • 洗顔で落としきれない汚れは、蒸しタオルを使ったパックで落と...

  • 目元、口元の保湿
  • 目元の皮膚は、顔の中で薄い皮膚です。皮脂腺や汗腺が少なく、...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「美白とスキンケア」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。